日本文化事始め

日本文化は有史以来、中国文化圏に属し輸入文化・翻訳文化の側面を持ち、積極的に外国の文化を摂取し、これを在来の文化と融合して日本化することで独自の文化を形成してきた。平安期と江戸期に日本は外国との交流を絶ったが、この時期に日本独自の文化が顕著に熟成されたという特徴がある。

遣唐使が盛んだった飛鳥~平安時代、貴族は中国文化を模範とした天平文化を築き、留学生が学んできた先進文化が政策上の規範だった。遣唐使が中止された後は「国風文化」が興ったが、この時期までの文化の中心は貴族と寺院であった。平安末期の平氏政権期から鎌倉時代にかけて日宋貿易が行われ、新しい仏教とともに精進料理や文人画などの中国文化が流れ込んだ。鎌倉時代には関東を中心にした武士の文化が京都の王朝文化と並び立つものとして勃興する。

室町時代には日明貿易によって引き続き中国文化が持ち込まれ、この時期に輸入された織物や陶器、書画などは、現代に残る伝統工芸品の技術に流れ込んでいる。室町時代から安土桃山時代には、戦国大名により各地に地方色豊かな文化が生まれた。

江戸時代、鎖国の世にも長崎を通じて諸外国との交流は続いたが、日本の独自性への自覚から伝統への回帰として国学などの学問も興った。また、江戸時代は江戸・京都・大坂の三大都市を中心に町人の文化が栄えた時期である。

その後、近代日本の文化は、明治維新と連合国占領時代の二度、大転換期を迎えた。われわれ現在の日本人がイメージする伝統的文化にも明治以降に生まれたものや俗に言う外国文化であるものも多い。

近年では日本文化と言えば、ゲーム、J-POP、ファッション、アニメ、日本の漫画、カラオケ、パーソナル・コンピュータやMade in Japanなどのポップカルチャーが海外で注目され、今までとは違った「日本」のイメージを持つ者も増えてきている。ここでは日本文化の変遷と、伝統的な日本文化の中から、食・暮らしの中の行事について取り上げて紹介する。

日本文化の変遷

縄文時代以前のはるか昔、日本人の祖先が北方から渡来して以来、近隣の文化を取り入れつつ独自に発展した。文化については南方からの伝播も想定され、日本の基層文化には北方系とみられる要素と南方系とみられる要素が混在している。

原始

縄文時代以前のはるか昔、北方からやってきた日本人の祖先が日本列島に定着してから、大陸や南方から渡ってきた人々が文化をもたらすことはあったと考えられるが、早い時期から大陸とは異なる日本固有の文化が育ってきた。

縄文中期の火焔土器、東京国立博物館蔵

古代

先進文化国だった中国の文物を受け入れるようになった。金属器や漢字、仏教などがその代表である。こうして日本固有の文化の上に外来の文化が取り入れられていった。遣唐使の廃止(八九四年)後、外国からの影響が日本独自に消化されてゆき、貴族の女性の間で漢字からかな文字が生まれ、源氏物語や枕草子に代表される和歌 や物語、日記文学など文芸が盛んになった。

法隆寺(7世紀創建)

中世

古代末から中世に武士が台頭してくると、武士特有の文化が生まれ、合戦をテーマにした軍記物語(平家物語など)も生まれた。中国から持ち込まれた文化(精進料理、水墨画、喫茶の習慣など)はその後の日本文化の発展に大きな影響を与えた。室町時代は戦乱の世であったが、猿楽(能)、茶の湯、書院(書院造)などが発展し、今日「日本的」といわれる文化の多くがこの時代につくられた。

東大寺南大門金剛力士像(1203年)

近世

ヨーロッパの新しい異文化がもたらされた。鉄砲が戦闘形式を一変させ、天下統一への道を開いたほか、外来語、天ぷらなど飲食物も伝えられた。その後、徳川幕府が鎖国政策を行うと、再び日本独自の文化が発達した。庶民の間では芝居(歌舞伎、人形浄瑠璃)や浮世絵が愛好され、世俗的な文化が栄えた。

姫路城(1601-08年)

近代

幕末の開国、明治維新を経て、欧米の文物・制度を取り入れ日本の近代化を図ることが国家目標になった。大正時代頃には進学率の上昇などを背景に、都市を中心に洋風の文化が次第に浸透し、デパートに代表される消費文化、大衆文化が成立した。

復元された帝国ホテル旧館の玄関部分(博物館明治村)

現代

第二次世界大戦後、高度経済成長により日本は飛躍的な工業化と都市化を遂げる。アメリカの近代的な文化を受け入れながら、独自の日本的な形に消化し、多彩で豊かな食文化、アニメや漫画などをはじめとする新しい日本の文化が生まれた。

世界に広がる和食

ユネスコの無形文化遺産に登録された和食は、「多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重」「栄養バランスに優れた健康的な食生活」「自然の美しさや季節の移ろいの表現」「正月などの年中行事との密接な関わり」である。料理や調理法だけでなく「いただきます」や「もったいない」といった食事という空間に付随することがらも含めた「自然の尊重という日本人の精神を体現した食に関する社会的慣習」といえる。

日本政府の外国向け「日本食レストラン推奨制度」では、具体的に懐石、寿司、天ぷら、うなぎ、焼き鳥、そば、うどん、丼物、その他伝統の料理を日本食としている。

寿司

天ぷらの盛り合わせ

「スキヤキ」の作り方

すき焼きの一例

すき焼き(鋤焼、すきやき)は、海外でも広く知られる和食の一つである。薄くスライスした食肉や他の食材を浅い鉄鍋で焼いたり煮たりして調理する。調味料は割下など、醤油、砂糖が使用される。

材料(分量はおおよそ四人前)

  • 牛肉
    400g
  • ネギ根深ネギ
    2本
  • しらたき
    1玉
  • シイタケ
    12枚
  • 焼き豆腐生豆腐よりも崩れにくいため、よく用いられている
    2丁
  • シュンギク
    1束
  • 牛脂
    適量食用油でも代用可能
  • 割下
    • 出汁
      カップ1/2無い場合もある
    • 醤油
      カップ1/2
    • みりん
      大さじ3砂糖で代用可能
    • 砂糖
      大さじ3
    • 料理酒
      大さじ4塩分が含まれるため、多く入れると塩辛くなるので注意。日本酒であれば、割下の味が濃くなった際の薄めに使用可能
  • 溶き玉子
    適量1人1回1個程度

作り方

すき焼き
  1. 材料は食べやすい大きさに切っておく。
  2. 熱したすき焼き鍋に割下を適量入れ、肉や野菜と共に煮る。割下を入れる量は、味の濃い割下なら鍋底が隠れる位の少量で、味が薄めの割下なら通常の鍋と同程度の量を入れる。
  3. 火が通ったら溶き玉子にくぐらせて食べる。
  4. シメには茹でたうどんを入れ、旨みの凝縮された汁を味付けをし直した後、染み込ませて食べる。味付けの濃い割下では辛くなるだけなので要注意。

暮らしの中の年中行事

日本における年中行事は、四季の農作業にかかわる事柄や、長い間の宮廷・貴族や武士の生活が、民衆の暮らしに取り入れられ、しみこんでできあがったものが多い。

一月正月

しょうがつは、各暦の年初のことである。文化的には旧年が無事に終わった事と新年を祝う行事である。正月飾りをし、正月行事を行ったり正月料理を食べて、盛大に祝う。

御節料理

二月節分

邪気を追い払うために、節分には古くから豆撒きの行事が執り行われている。豆は、「穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっている」という信仰、または語呂合わせで「魔目(豆・まめ)」を鬼の目に投げつけて鬼を滅する「魔滅」に通じ、鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を願う。

『吉田神社追儺』 - 都年中行事画帖(1928年)

三月雛祭り

ひなまつりは女子のすこやかな成長を祈る節句の年中行事。ひいなあそびともいう。ひな人形(「男雛」と「女雛」を中心とする人形)を飾り、桃の花を飾って、白酒や寿司などの飲食を楽しむ節句祭り。雛あられや菱餅を供える。

雛飾り

四月灌仏会

かんぶつは、釈迦の誕生を祝う仏教行事である。日本では原則として毎年四月八日に行われる。釈迦ゴータマ・シッダッタが旧暦四月八日に生誕した伝承に基づいている。

灌仏会(花祭り)の花御堂と誕生仏

五月端午

たんは五節句の一。端午の節句、菖蒲の節句とも呼ばれる。日本では端午の節句に男子の健やかな成長を祈願し各種の行事を行う風習があり、国民の祝日「こどもの日」になっている。

江戸時代の節句の様子。左からこいのぼり、紋をあしらった幟(七宝と丁字)、鍾馗を描いた旗、吹流し。『日本の礼儀と習慣のスケッチ』より、1867年出版

六月大祓

毎年の犯した罪や穢れを除き去るための除災行事として定着。六月のものを「夏越の祓」、「ごしはらえ」または「夏祓」「夏越神事」「六月祓」などとも呼ばれ、十二月のものを「年越の祓」と呼んでいる。

服部天神宮 六月大祓

七月七夕

七夕たなばたは、中国、台湾、日本、韓国、ベトナムなどにおける節供、節日の一つ。旧暦では七月七日の夜のことで、日本では、短冊に願い事を書き葉竹に飾ることが一般的に行われている。短冊などを笹に飾る風習は、江戸時代から始まったもので、日本以外では見られない。

七夕の笹飾り

八月お盆(盂蘭盆会)

ぼんullambanaउल्लम्बनとは、あん最後の日、旧暦七月十五日を盂蘭盆ullambanaとよんで、父母や祖霊を供養し、とうけんの苦を救うという行事である。

幕末期のお盆、『日本の礼儀と習慣のスケッチ』より、1867年出版

九月十三夜

八月十五夜(旧暦八月十五日から十六日の夜)の月に対して、九月十三夜(旧暦九月十三日から十四日の夜)の月は「のちの月」と呼ばれる。ちょうど食べ頃の大豆(枝豆)や栗などを供えることから、この夜の月をまめめいげつまたはくりめいげつと呼ぶ。

月見の飾り

十月くんち

くんちとは、九州北部における秋祭りに対する呼称。収穫を感謝して奉納される祭である。「おくんち」と称される場合もある。ほとんどのくんち行事に共通する要素として、神社から御旅所まで神輿による御神幸が行われることがある。

唐津駅前に並んだ曳山

十一月七五三

十一月十五日は、子供の成長を祝って神社・寺などに詣でる年中行事。現在では全国で盛んに行われているが、元来は関東圏における地方風俗であった。

七五三参りの様子

十二月年越しそば

江戸時代には定着した日本の風習であり、蕎麦は他の麺類よりも切れやすいことから「今年一年の災厄を断ち切る」という意味で、大晦日の晩の年越し前に食べる蕎麦である。

飾り蒲鉾が載せられた年越し蕎麦